logo

複数サイトの横断分析ができるマーケティング製品「SATORI」

藤井涼 (編集部)2014年03月06日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トライアックスとスペイシーズは3月6日、複数サイトを横断した反響分析やコンテンツ配信ができるウェブマーケティング製品「SATORI(サトリ)」を発表した。両社は2月に、“CMS×プライベートDMP×ビッグデータ”による製品開発と研究のための体制を構築することで合意していた。

 SATORIは、トライアックスのCMS「LaCoon(ラクーン)」と、スペイシーズのプライベートDMP「owldata(オウルデータ)」の連携を強化させ、トレジャーデータのDMS「トレジャーデータサービス」を採用したマーケティング製品。蓄積、統合、分析、配信の一連の流れを連携させることで、O2O促進やLTV(顧客生涯価値)向上のためのマーケティングPDCAを運用しやすい環境を構築する。

 たとえば、従来のサイト単位での管理から、ユーザー単位で複数のサイトを横断した反響分析が可能になるほか、EC会員の行動ログから好みを割り出し、最適化されたクーポンを配信できるようになるとしている。


「SATORI(サトリ)」のイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]