ノキア、「Android」搭載スマートフォン「Nokia X」ファミリを発表

Nic Healey (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2014年02月25日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaが、「Android」をベースにいくつかの要素を加えたスマートフォン「Nokia X」(開発コード名「Normandy」)を、バルセロナで開催中のMobile World Congressで発表した。

 「3者の組み合わせ」とNokiaが説明するNokia Xは、スマートフォンファミリだけでなく、OSの名称も兼ねている。「Android 4.1」OSをベースに、Nokiaの「Asha」およびMicrosoftの「Windows Phone」OSの要素を取り入れ、ユニークな体験の提供を図っているが、Androidアプリケーションは利用可能だ(ただし「Google Play」ストアは利用できないとみられ、どのアプリを使えるかはNokia次第となる)。

 個々のモデルを見ていくと、「Nokia X」端末はミドルエンド向けとなり、4インチ画面(解像度800×480)と1GHzの「Snapdragon」デュアルコアプロセッサを搭載する。価格もわずか89ユーロだ。「Nokia X+」端末はストレージが増え、microSDカードスロットを備える。「Nokia XL」端末は画面が5インチと大きくなり、5メガピクセルの背面カメラ、2メガピクセルの前面カメラを搭載する。

 これらの端末は新興市場での販売に向けて価格設定されている。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加