logo

スマートフォン向けカメラアクセサリ--使えそうなものから「?」なものまで(前編) - 6/8

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年02月21日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 iPhoneのカメラ用の拡張レンズはたくさんある。しかしOlloclipにとって、そのレンズで重要なのは、光学性能の高さと使いやすさだ。

 同社はKickstarterプロジェクトとして、数年前にレンズ3個を1つにした3-in-1レンズでスタートした。それは、ワイドレンズ、マクロレンズ、魚眼レンズを組み合わせて、1つの小さなスライド装着式アクセサリとしたものだ。

 2014年に同社は製品ラインアップを拡張した。新製品には、2倍の望遠レンズを片面に、円偏光レンズを別の面につけた取り付け簡単なレンズシステムに加えて、iPhoneケースなどがある。このケースには、2個の三脚マウントと、マイクやパネルライトを取り付けるためのコールドシューがある。またケースのコーナー部分はレンズを取り付けられるように回転させたうえで、シャッターリリースとして使うようになっている。

 これらの製品のほかに、4つのレンズを組み合わせた新しい4-in-1レンズがある。これは、初代の3-in-1レンズにマクロレンズをもう1つ追加したもので、被写体から0.7インチ(18 mm)と0.5インチ(12 mm)の距離で焦点を合わせることができる。そのほかの製品としては、iPhone 5とiPhone 5s用の3-in-1マクロレンズ、初代3-in-1レンズのiPhone 5c用モデルがある。

 ほとんど唯一の気に入らない点は、その価格だ。望遠レンズと偏光レンズの組み合わせは99.99ドル、iPhone 5c用3-in-1レンズは59.99ドル、4-in-1レンズと3-in-1マクロレンズが69.99ドル、ケースが49.99ドルだ。ただし費用を節約したければ、セット販売もある。
Scroll Right Scroll Left

 iPhoneのカメラ用の拡張レンズはたくさんある。しかしOlloclipにとって、そのレンズで重要なのは、光学性能の高さと使いやすさだ。

 同社はKickstarterプロジェクトとして、数年前にレンズ3個を1つにした3-in-1レンズでスタートした。それは、ワイドレンズ、マクロレンズ、魚眼レンズを組み合わせて、1つの小さなスライド装着式アクセサリとしたものだ。

 2014年に同社は製品ラインアップを拡張した。新製品には、2倍の望遠レンズを片面に、円偏光レンズを別の面につけた取り付け簡単なレンズシステムに加えて、iPhoneケースなどがある。このケースには、2個の三脚マウントと、マイクやパネルライトを取り付けるためのコールドシューがある。またケースのコーナー部分はレンズを取り付けられるように回転させたうえで、シャッターリリースとして使うようになっている。

 これらの製品のほかに、4つのレンズを組み合わせた新しい4-in-1レンズがある。これは、初代の3-in-1レンズにマクロレンズをもう1つ追加したもので、被写体から0.7インチ(18 mm)と0.5インチ(12 mm)の距離で焦点を合わせることができる。そのほかの製品としては、iPhone 5とiPhone 5s用の3-in-1マクロレンズ、初代3-in-1レンズのiPhone 5c用モデルがある。

 ほとんど唯一の気に入らない点は、その価格だ。望遠レンズと偏光レンズの組み合わせは99.99ドル、iPhone 5c用3-in-1レンズは59.99ドル、4-in-1レンズと3-in-1マクロレンズが69.99ドル、ケースが49.99ドルだ。ただし費用を節約したければ、セット販売もある。

提供: Joshua Goldman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]