logo

グーグルの洋上建造物、当局が移動を命じる

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年02月04日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ湾の真ん中に浮かぶ「Google Barge」(Googleのはしけ)は今も建造が中断されたままだが、GoogleはGoogle Bargeを別の場所に移動しなければならなくなった。

 何カ月も前からトレジャー島の桟橋に横付けされた状態になっているGoogle Bargeは必要な許可を受けていないので、GoogleはGoogle Bargeを別の場所に移動しなければならない、とサンフランシスコ湾保全開発委員会(San Francisco Bay Conservation and Development Commission:BCDC)は米国時間2月3日に述べた。Google Bargeは、かつて秘密のベールに包まれていた同社のプロジェクトだ。

 Associated Press(AP)によると、Googleは当局から許可を受けた建造場所にGoogle Bargeを移動しなければならない、とBCDCのエグゼクティブディレクターのLarry Goldzband氏は述べたという。

 将来的に「Google Glass」や自律走行車といった「Google X」プロジェクトの洋上ショールーム兼デモンストレーションスペースになると考えられているGoogle Bargeは、トレジャー島の桟橋に横付けされ、動きがない状態になっている。米CNETが2013年12月に最初に報じたように、GoogleはBCDCと米沿岸警備隊からの問い合わせを受けて、同プロジェクトを正式に中断している。

 2013年10月以降、Google Bargeの船上では、いかなる活動も行われていない。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集