HP、Beats Audio&リクライニングディスプレイ搭載のオールインワンPCなど10モデル

坂本純子 (編集部)2014年01月10日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は1月10日、個人向けPCの新製品として、ディスプレイ一体型のオールインワンPC 4機種と、15.6インチサイズのノートPC 6機種を発表した。同日より順次販売を開始する。

 今回発表されたPCには、すべて最新OSのWindows8.1を搭載し、Windows8.1の使い方やPC操作の基礎が学べるガイドブック「速効!HPパソコンナビ」が付属する。なお同日、7インチタブレット「HP Slate7 Extreme」も発表されている。

リクラインイニング型のオールインワンPCも--オールインワン 4製品

「HP ENVY Recline23 Beats SE」
「HP ENVY Recline23 Beats SE」

 オールインワンPCの中で注目したいのは、画面を手前に引き出して使えるリクライニング型の新デザインが特徴のタッチ対応オールインワンPC、「HP ENVY Recline23 Beats SE」だ。市場想定価格は16万円前後で、2月上旬に発売予定だ。

ディスプレイを手前に引き出して、寝かせられる「リクライニング・タッチディスレイ」を搭載
ディスプレイを手前に引き出して、寝かせられる「リクライニング・タッチディスレイ」を搭載

 ディスプレイを手前に引き出して寝かせることができる新発想の「リクライニング・タッチディスプレイ」を搭載。前後に広い可動範囲を備え、タッチディスプレイを手前に引き寄せ、テーブルの縁より下がった位置で使用できる。リラックスした姿勢で、雑誌や新聞を読むようにウェブページを閲覧するなど、タッチ操作をこれまで以上に快適に利用できるとしている。

 タッチ対応23インチIPSディスプレイを搭載し、前面に配置したBeats Audioクワッドスピーカーによる迫力のサウンドと、ブラックとレッドのカラーリングも特長の一つだ。

 第4世代インテル Core i5プロセッサとNVIDIA GeForce GT 730Aグラフィックス、フラッシュメモリを内蔵。1Tバイトの大容量を実現したハイブリッド・ハードドライブ、さらにタブレットやゲーム機などと接続して使えるHDMI入力端子を搭載するなど、優れた基本性能を備える。

「HP Pavilion22 TouchSmart」
「HP Pavilion22 TouchSmart」

 このほかにも、フルカスタマイズ対応のタッチ対応オールインワンPC「HP Pavilion22 TouchSmart」、省スペースでシンプルなオールインワンPC「HP 20」「HP 18」が登場した。

 HP Pavilion22 TouchSmartは、用途や予算に応じてプロセッサやメモリ、ハードドライブ、オフィスソフト、OSなどが選択できるフルカスタマイズに対応した、21.5インチのフルHDディスプレイを採用したオールインワンPCだ。HP Directplus価格は6万4890円~で、1月10日に発売する。

「HP 18」
「HP 18」

 生産は東京都昭島市の国内工場で行われ、高品質なオーダーメイドPCを最短5営業日の短納期で届ける。

 ブラック&シルバーを基調としたインテリアにマッチするシックなデザインの筐体は、奥行き約18cmの省スペース設計を採用。操作性を考慮し、使用頻度の高いUSBポートやメディアカードスロットを側面に配置するなど、使いやすさを追求したとしている。

「HP 20」
「HP 20」

 HP 20とHP 18は、映り込みの少ない非光沢20インチ/18.5インチディスプレイを搭載し、奥行き約13.5cmと省スペースを特徴とする。快適なマルチタスク操作が可能なAMD E1-2500 APU、大容量の1Tバイトハードドライブ(「HP 20」のみ)とIEEE802.11b/g/nに対応する無線LANを搭載するなど、充実の基本性能を備える。

 店頭販売されるHP 20は、市場想定価格が7万円前後で2月上旬に発売する。HP Directplus(直販)モデルとなるHP 18は、4万5990円~で1月10日に発売する。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加