logo

総メタル仕上げの異彩を放つ英国発のハイブリッドモデル--ATOMIC FLOYD「SuperDarts」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ATOMIC FLOYD「SuperDarts+Remote」(店頭想定価格:2万6800円)

 2013年のヘッドホントレンドの一つとなった「ハイブリッド」というキーワード。各社さまざまなハイブリッドスタイルが存在するが、トレンドを牽引する代表的なものとしては、ダイナミック型やバランスドアーマチュア型(BA型)といった、2つ以上の性質の異なるドライバを搭載するモデルが挙げられる。以前紹介したマクセル「MXH-DBA900」をはじめ、国内外問わず該当する製品が多数登場している。

 今回はそんなハイブリッドモデル群の中でも、ハウジングやプラグまで徹底した総メタル仕上げボディで異彩を放つ、英国のヘッドホンブランドATOMIC FLOYD(アトミック・フロイド)の「SuperDarts+Remote」(SuperDarts)の実力をチェックしていく。

パッケージから本体まで、所有欲をそそる独創的なデザイン

 製品の詳細に入っていく前に、ATOMIC FLOYDについておさらいをしておこう。ATOMIC FLOYDは、2008年に誕生した英国発のヘッドホンブランドである。ほかにない独創的なデザインを打ち出しており、スチールやチタン、24金を使った総メタル製のヘッドホンを創った初めてのブランドでもある。

 その中でも、ここで紹介する「SuperDarts」は、低域用のダイナミック型ドライバと中高域用のBA型、2種類のデュアルドライバを採用した同ブランドのフラッグシップとなるハイブリッドモデルだ。なお+Remoteという製品名は、iPhoneやiPad、iPodの基本操作や通話が耳元で行なえる、マイク付きリモコンを装備していることを示している。

 まずは、パッケージから見ていこう。ゴージャスなハードケースで、正面には製品写真がドデカく掲載されている。中を開けていくと、ロケットか宇宙船かを思わせるドーム内に製品が入っており、左手には大きな文字で書かれた製品特長や付属品の写真が並ぶ。ドームのふたを開けると、銀の袋に包まれたラバー製キャリングポーチのほか、2年間保証のカード、製品カタログのようなフルカラーの取扱説明書が入っている。要所以外の日本語記載は少ないが、言語が読めなくても何となくわかってしまうデザインには力を感じる。

  • ハウジングのデザインを背景にあしらった独特なパッケージデザイン

  • パッケージ裏面には製品の全体写真のほか、24カ月保証がうたわれている

  • ロケットや宇宙船内を想起させる雰囲気で、物欲をそそられる本体置き場

  • 中を開けると、インパクトのある赤基調のデザインに本体と製品特長がデカデカと並ぶ

  • モノクロでなくフルカラー印刷で大胆に描かれた取扱説明書。言語は英語とフランス語のみだが、直感的に使えるので迷うことはない

  • 箱の中身を取り出すと、2年間保証カードや取扱説明書のほか、銀の袋に詰められたポーチが入っている

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集