アップル、顔認識による端末制御技術の特許を取得

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2013年12月04日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米特許商標庁(USPTO)が米国時間12月3日にAppleに与えた「顔検出と顔認識を利用したパーソナルコンピューティング機器の制御」の特許は、顔検出と顔認識に基づく「iPhone」などの機器へのアクセス方法を予想させる。具体的には、ユーザーの顔がパスワードとなり、そのユーザーだけが電話に出たり、他の作業を実行したりできるようになる、というものだ。

 この技術はまず、顔の固有の特徴、たとえば肌質、色、サイズ、形などをすべて記録するために、顔をスキャンすることから始める。自分のiPhoneを他者に使わせたい場合も、同じ手順を実行できるだろう。

 着信に反応して、電話機が顔をスキャンし、認証済みユーザーの顔と一致するかどうかを確認する。顔が一致すれば、電話が通じ、iPhoneが通常の着信画面を表示する。顔が一致しない場合、機器は着信音を鳴らすだけで、ロックモードを保つ。

 同じセキュリティは、受信メールにも応用できそうだ。iPhoneに顔を向けると、通知されたうえでメールが表示される。

 この技術は、携帯電話に最も適しているように思われる。だがAppleの特許は、テレビやPDA、PCなど他の機器での利用を挙げている。その一例は、PCのスクリーンセーバーが、あらかじめ設定された待ち時間ではなく、ユーザーの顔に反応するというものだ。

提供:Apple/USPTO
提供:Apple/USPTO

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加