logo

「Kindle Fire HDX 8.9」レビュー(後編)--コンテンツ消費に最適なタブレット - (page 3)

Eric Franklin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3DMarkの結果は筆者の予想通りだった。以下のグラフは、各タブレットのネイティブ解像度で動作する3DMark Unlimitedの結果だ。Kindle Fire HDX 8.9の解像度はiPad AirやHDX 7より高い。HDX 8.9のスコアが両タブレットより悪いのは、それが理由かもしれない。

3DMark(Unlimited)
(バーが長いほど高パフォーマンス)
Apple iPad Air
14605
ASUS Transformer Pad TF701T
14172
サムスンGalaxy Note 10.1(2014年版)
13677
Amazon Kindle Fire HDX 8.9
12858

グラフィックステスト1(GPU)
(バーが長いほど高パフォーマンス)
Apple iPad Air
101.8
ASUS Transformer Pad TF701T
87.9
サムスンGalaxy Note 10.1(2014年版)
77.8
Amazon Kindle Fire HDX 8.9
58.7

グラフィックステスト2(GPU)
(バーが長いほど高パフォーマンス)
Apple iPad Air
68.7
Amazon Kindle Fire HDX 8.9
48.1
ASUS Transformer Pad TF701T
47.8
サムスンGalaxy Note 10.1(2014年版)
46.7

物理テスト(CPU)
(バーが長いほど高パフォーマンス)
Amazon Kindle Fire HDX 8.9
51
サムスンGalaxy Note 10.1(2014年版)
46.5
ASUS Transformer Pad TF701T
44.1
Apple iPad Air
25.9

 Kindle Fire HDXのスピーカーはKindle Fire HDほどの大音量は出ないが、サウンドのクリーンさは大幅に上回っている。HDXと比較すると、HDのスピーカーのサウンドはひずんでおり、耳障りな感じがする。

 前面カメラはタブレットのカメラにしては比較的くっきりとしたカラフルな画像を撮影できる。必ずしも特別な瞬間を撮影するときに使いたくなるものではないが(粒子の粗さははっきりと視認できる)、タブレットの前面カメラとして考えると、悪い出来ではない。使い道がビデオチャットだけであればなおさらだ。

 背面カメラは十分な量の光を捉えることができるが、iPad Airの背面カメラには一歩及ばない。とはいえ、高速フォーカス機能を備えているので、輪郭のはっきりした画像や動画を撮影することが可能だ。

結論

 HDX 7とHDX 8.9のどちらを選ぶべきか迷っている人のために、分かりやすく説明しよう。大きくて高性能なディスプレイや背面カメラが欲しい人は、HDX 8.9を選ぶといい。小型のタブレットが欲しい人や価格が気になる人なら、HDX 7がいいだろう。開始価格は、HDX 7が229ドルなのに対し、HDX 8.9は379ドルだ。

 価格を考慮しないのなら、筆者は先述の理由からHDX 8.9を選択するだろう。しかし、結局のところ、どちらを選んでも失敗はないはずだ。

 現在のハイエンドタブレットの中で、HDX 8.9はiPad Airと並んで最高位にいると筆者は考えている。HDX 8.9にiPad Airのような高級感はないが、パフォーマンス面ではほとんど差がない。さらに、HDX 8.9の開始価格はiPad Airより120ドル安い。そして、ストレージ容量を増やすほど、その価値は高まっていく。64Gバイト、Wi-FiのみのHDX 8.9が479ドルなのに対し、64GバイトのiPad Airは699ドルだ。ソフトウェア機能に目を向けると、アプリだけに限定すれば、Appleは他のタブレットOSより優れたアプリを数多く支配下に収めている。しかし、全体的なメディアエコシステムを考慮に入れれば、Amazonに並ぶものはない。

 米国「Amazon Prime」の会員で、同サービスを頻繁に利用している人にとって、HDXは当然の選択肢だ。Primeの会員でないとしても、(巨大ではあるが)クローズドなエコシステムを気にしないのなら、HDXはPrimeの会員登録を行う素晴らしい理由になる。

 Mayday担当者は、画面を利用したり、ユーザーのタブレットをリモートから制御できたりする。
Mayday担当者は、画面を利用したり、ユーザーのタブレットをリモートから制御できたりする。
提供:Screenshot by Eric Franklin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]