logo

「Kindle Fire HDX 8.9」レビュー(後編)--コンテンツ消費に最適なタブレット - (page 2)

Eric Franklin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 操作時のパフォーマンスは2012年モデルよりはるかに快適になった。あらゆることに関して反応速度が向上しており、フラストレーションを感じることは極めて少なくなった。その結果、全体的な体験がこれまでよりはるかに楽しいものになっている。

 このように動作が快適になったことの要因の1つは「Fire OS」の最適化だが、Qualcommの新しいSnapdragon 800 SoCもそれに貢献している。SoCが必要なパフォーマンス向上を実現するので、ユーザーはアクセスしたいメニューが表示されるまでの数秒の遅延を我慢する必要がなくなった。

デバイスCPUGPURAMテスト機のOS
Amazon
Kindle Fire
HDX 8.9
2.2GHz、クアッドコアの
Qualcomm
Snapdragon 800
Adreno 3302GバイトAmazon Android
Mojito 3.0
Apple
iPad Air
1.4GHz、デュアルコアの
Apple A7
未確認1GバイトiOS 7.0.3
ASUS
Transformer
Pad TF701T
1.9GHzのTegra 472コアGPU2GバイトAndroid 4.2.2

 パフォーマンスと言えば、ポリゴンゲームのパフォーマンスもタブレットにしては素晴らしく、サムスンのGALAXY Note 10.1(2014年モデル)より優れていた。しかし、iPad Airと比較するのは少し難しい。なぜなら、iPadバージョンでは、多くのアプリでより多くの効果が使われているからだ。だが、iPad Airは3DMarkで最も優れたスコアを出した。これについては後で詳述する。

 ゲーム「Asphalt 8」はスムーズに動作するが、HDX 7ほどではない。これはおそらく、HDX 8.9の方が解像度が高く、Snapdragon 800が画面をピクセルで満たすためにより多くの処理を実行しなければならなくなったことが原因だろう。

 「Riptide GP 2」はすべてのグラフィカル機能を最大値に設定した状態でも極めて滑らかなフレームレートで動作したが、画面上に表示されるものが増えると少しだけ動きが遅くなった。筆者は「N.O.V.A. 3」のようなゲームをテストする機会をまだ得ていない。HDXのインターフェースからは、同ゲームのKindle Fireバージョンにアクセスできなかったからだ。

AmazonのMayday担当者は、やり取りをしている間も丁寧で、その回答はためになる。
AmazonのMayday担当者は、やり取りをしている間も丁寧で、その回答はためになる。
提供:Screenshot by Eric Franklin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]