logo

3Dプリント製ギター--複雑なボディー形状も可能に - 4/9

Michelle Starr Leslie Katz (CNET News) 翻訳校正:2013年11月28日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Olaf Diegel氏の会社ODD Guitarsは、粉末焼結積層造形法(Selective Laser Sintering:SLS)プリンティングを使い、カスタムギターのボディーを作り、マホガニーもしくはメイプル材のコア、木製のネック、チューニングペグ、ブリッジ、ピックアップ、コントロール類を取り付け、演奏可能な楽器にする。「Steampunk」ギターのボディー全体は、可動部分も含めて1つの部品としてプリントされており、組み立ての必要はない。
Scroll Right Scroll Left

 Olaf Diegel氏の会社ODD Guitarsは、粉末焼結積層造形法(Selective Laser Sintering:SLS)プリンティングを使い、カスタムギターのボディーを作り、マホガニーもしくはメイプル材のコア、木製のネック、チューニングペグ、ブリッジ、ピックアップ、コントロール類を取り付け、演奏可能な楽器にする。「Steampunk」ギターのボディー全体は、可動部分も含めて1つの部品としてプリントされており、組み立ての必要はない。

提供: ODD Guitar

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]