logo

SIMフリーiPhoneはお得?--フリーダムを考える - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを買ったばかりの人はSIMフリーにメリットがある可能性も

 他には、スマートフォンを買ったばかりだが、やっぱりiPhoneが欲しいという場合、追加でSIMフリー版の最新iPhoneを購入したほうがよい場合もある。一例を挙げてみよう。

 
  • スマートフォンを買ったばかり(ただしiPhoneを除く)
  • iPhoneを上回る超高額の月々の割引(月々サポート等)の対象期間が長く残っている
  • なんらかの事情で機種変更の申し込みができない

 例えばドコモのGalaxy Note3(SC-01F)をMNP新規契約で買ったばかりの人は、月額3850円(11月25日現在)という高額な「月々サポート」がついている。今、解約や新たにドコモiPhoneを買ってしまうとその権利が消失してしまう。今月買ったばかりであと23カ月残しているなら3850円×23カ月=8万8550円も、月額料金から引いてもらえるはずの金額が消えてしまうのだ。

 また、販売店から大きな特典をもらって契約した回線では、契約に関する約束の中で一定期間、機種変更をしてはいけないという条件のついている人も、機種変更としてキャリアからiPhoneを購入できないため、SIMフリー版がよい場合がある。

 そういった時に契約に縛られないSIMフリーiPhoneは、SIMの差し換えで利用できるメリットがある。

 例に挙げたGalaxy Note3(SC-01F)を購入した回線でSIMフリーiPhoneを使う場合、プロバイダ契約をspモードからmopera U スタンダードに変更(月額210円プラス)して、SIMのサイズをnanoサイズへ変更(キャリアショップで依頼、有料2100円)する必要があるが、この手続きだけでは月々サポートが消失することはない。

SIMフリーはあくまで特殊用途と考えるべき

 これまで検討してきたが、もし2年間は使うと考えているならば、SIMフリー版のメリットは少なく、コスト的にもサポートの問題でもデメリットのほうが多そうだ。

 SIMフリーでいろいろなことを試してみたい人には、ぜひ購入して楽しんでもらいたいが、よくわからない場合や、他人の手助けを必要とする場合は、SIMフリー版に安易に手を出すのは控えたほうがよいだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]