Dropbox、「iOS」アプリをアップデート--「iOS 7」デザイン採用で「AirDrop」に対応

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 福岡洋一 (ガリレオ)2013年11月23日 09時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Dropbox」が「iOS 7」の新デザインと新機能に対応した。

 Dropboxは米国時間11月21日、「iOS」版アプリのバージョン3.0を公開した。新しいアプリは、AppleのiOS 7のルックアンドフィールに似た新デザインを採用している。また、iPad向けの機能でファイルや写真をタップするだけで全画面表示に切り替えられるようになった。そのほか、Dropboxによると、これまでのバージョンよりアプリの動作が速くなっているという。

 アプリのアップデートに伴うバグ修正に加えて、新しくなったDropboxではAppleの「AirDrop」への対応をうたっている。これにより、「iPad」や「iPhone」上のDropboxで、他のデバイスからファイルをワイヤレスで保存できるようになった。また、PDFの閲覧も改善されている。

 新しくなったDropboxはAppleの「App Store」から入手できる。これまでのバージョンと同じく、ダウンロードは無料だ。

iPadでのDropboxバージョン3.0
iPadでのDropboxバージョン3.0
提供:Dropbox

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加