logo

天空を彩るオーロラ--各地で撮影された光の模様 - 4/11

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年11月23日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北極のオーロラは地磁気北極を中心とした丸い帯状に発生する。この形はオーロラオーバルとも呼ばれる。それは大気が地球を太陽起源の粒子から守った結果だ。大気がなければ、太陽粒子は地球を居住不可能な場所にしてしまう。太陽粒子は地磁気極に向かって降下する途中で、地球の大気によって止められる。この大気が、そうした危険な粒子を防ぐシールドとして有効に働く。太陽粒子が地球大気によって止められると、大気に含まれる気体との衝突が起こり、太陽粒子と気体分子の間に発生した衝突エネルギーが光子(光の粒子)として放出される。そうした衝突が数多く起こった場合に、オーロラが発生する。その光は、空全体を動くように見えることもある。

 この写真は、グリーンランドのカンゲルルススアークの空に光るオーロラ・ボレアリスだ。
Scroll Right Scroll Left

 北極のオーロラは地磁気北極を中心とした丸い帯状に発生する。この形はオーロラオーバルとも呼ばれる。それは大気が地球を太陽起源の粒子から守った結果だ。大気がなければ、太陽粒子は地球を居住不可能な場所にしてしまう。太陽粒子は地磁気極に向かって降下する途中で、地球の大気によって止められる。この大気が、そうした危険な粒子を防ぐシールドとして有効に働く。太陽粒子が地球大気によって止められると、大気に含まれる気体との衝突が起こり、太陽粒子と気体分子の間に発生した衝突エネルギーが光子(光の粒子)として放出される。そうした衝突が数多く起こった場合に、オーロラが発生する。その光は、空全体を動くように見えることもある。

 この写真は、グリーンランドのカンゲルルススアークの空に光るオーロラ・ボレアリスだ。

提供: Getty Images

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]