logo

アップル、3Dセンサ開発企業PrimeSenseを3億4500万ドルで買収か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月18日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleが3Dセンサ開発企業PrimeSenseとの買収契約を締結したとの報道があった。PrimseSenseはMicrosoftの「Kinect」センサ開発に携わった企業だ。

 イスラエルの経済紙Calcalistが現地時間11月17日に伝えたところによると、Appleはイスラエルに拠点を置くPrimeSenseに対して3億4500万ドルを支払ったという。ただし、この報道では情報源が明らかにされていない。PrimeSenseはMicrosoftのゲームコンソール「Xbox 360」で使われるジェスチャー制御機能のKinectにその技術が採用された企業として知られている。また同社のテクノロジは、3Dスキャナや、iRobotの「AVA」、ASUSの「Xtion」にも使われている。

 一方、AllThingsDが情報筋から聞いた情報では、両社は買収の可能性について協議中だが、契約はまだ締結されていないという。これらの情報筋はまた、契約が締結されるとすれば、最終的な買収金額は3億4500万ドルをわずかに上回る可能性が高いと述べたとされている。

 米CNETはAppleにコメントを求めたものの、直ちに回答は得られなかった。また、PrimeSenseはこの報道に対するコメントを控えた。

 Calcalistによると、PrimeSenseはCanaan Partners GlobalやGemini Israel Ventures、Genesis Partnersといった、イスラエルと米国のベンチャーキャピタルファンドから8500万ドルを調達したという。


Xbox 360で使われるKinectにその技術が採用されたPrimeSenseを、Appleが買収したと伝えられている。
提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集