logo

「Mac App Store」のバグ、「iWork」トライアル版を無償で製品版に?

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月25日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9to5Macの新たな報道によると、「Microsoft Office」と競合するAppleの「iWork」が、「Mac App Store」のバグにより、同ソフトウェアを購入していない人でも無償で利用できるようになってしまっていたという。

 10月23日の同報道では、iWorkの30日トライアル版をダウンロードしていただけにもかかわらず、料金を支払わずに最新バージョンへとアップデートできたというユーザーの話を紹介している。この問題は、Mac App Storeがユーザーの利用しているソフトウェアが無償のトライアル版なのか、購入された製品版なのかを識別できないという点にあったようだ。

 AppleのiWorkは、Macを購入すると無償で入手できる。しかし、古いマシンを持っているユーザーがトライアル版を別途ダウンロードしていた場合、同アプリケーションの機能をすべて利用するには製品版を購入する必要がある。


提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集