パルコ、スタートトゥデイのスマホアプリ「WEAR」をPARCO4店舗で試験的導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パルコは、スタートトゥデイが10月31日から開始するスマートフォン向けアプリケーションサービス「WEAR」を、PARCO4店舗で試験的に導入すると発表した。期間は11月8日から2014年4月30日まで。

 WEARは、スマートフォンで店頭の商品のタグに印字されているバーコードを読み取ることで、詳細な商品情報やその商品を使ったコーディネート画像などの情報にその場でアクセスできる「バーコードスキャン機能」や、アイテム情報と連携したコーディネート画像を提供する「コーディネートレシピ機能」などを通して、ショッピングをより楽しんだり、コーディネートの参考にしたりできるファッション特化型のサービス。

 今回の試験運用では、顧客とテナントショップスタッフのコミュニケーション強化を目的として、実施店舗内の参加ショップのスタッフが投稿するコーディネートを検索、閲覧できる機能や、バーコードスキャン機能など、WEARの機能を使ったサービスを提供する。

 店頭での購入を迷った場合にも、アプリ内に保存された商品履歴を参考に、友達にアドバイスをもらったり、帰宅してからECサイトで購入できるという。

 実施店舗は、渋谷PARCO、池袋PARCO、名古屋PARCO、千葉PARCOの計4店舗。UNITED ARROWS、X-girl、snidel、URBAN RESEARCH、KATHARINE HAMNETT LONDONなどのショップが参加を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加