モトローラ、第3四半期は前年比で減益--「Moto X」は業績に寄与せず

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月18日 13時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社スマートフォン部門Motorola Mobilityの第3四半期について、営業損失が2億4800万ドルであったと発表した。前年同期の1億9200万ドルから減益となっているものの、第2四半期の3億4200万ドルから増益となった。

 Motorolaの売上高は前年同期比33%の11億8000万ドルとなっている。

 Googleに1年以上前に買収されて以来、同社に大きな損失をもたらし続け、今なお業績不振に苦しむMotorolaの第3四半期は前向きなものであった。数カ月前にMotorolaは、「Moto Maker」というウェブサイトからさまざまなカスタマイズを行えるというユニークな特徴を備えた主力携帯電話「Moto X」を市場に投入している。

 Moto Xの普及は、特に同社の生産能力から来る問題のため順調とは言えない。

 とは言うものの、Motorolaは長期戦を想定しているようであり、Googleという財務基盤のしっかりした後ろ盾も得ている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加