logo

iPhoneで撮った写真をカレンダーから検索できる「Those Days」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Those Days」は、iPhoneで撮影した写真を、撮影日をもとにカレンダーで検索できるアプリだ。カレンダーは写真のほかに当日の予定をGoogleカレンダーから読み込んで表示できるので、当日どこで、何をしている時にその写真を撮ったのかを容易にマッチングさせることができる。

  • ホーム画面。月次カレンダー上に、その日撮った写真のサムネイルが表示される。選択した日付の写真は下段に横スクロールで表示される。この画面からも写真やイベントを追加できる

 アプリを起動すると、月次カレンダーが表示される。この月次カレンダーには2種類の情報が読み込まれている。ひとつはその日撮った写真で、カメラロール内にある写真のうち、その日撮った1枚のサムネイルが日付上に表示される。日付をタップすると画面が切り替わり、その日撮影した残りの写真が縦スクロールで表示される。カレンダーから写真を探せるので、特定の写真を探す場合も、おおよその撮影時期から絞り込みやすいというメリットがある。

 読み込まれる情報のもうひとつは当日の予定で、Googleカレンダーに登録された予定を読み込んで表示してくれる。当日の予定と撮影した写真がまとめて表示されることで、その日どこで何をしている時に写真を撮ったかすばやく思い出せるというわけだ。写真は撮影時刻でソートされ、さらにGPSデータから撮影場所も表示されるので、ライフログとしても役立つ。写真にはコメントをつけることも可能だ。

 大量の写真を読み込んでいることから動作が重くなってもおかしくないが、試用してみた限りではレスポンスもよく、月次カレンダーを前後にめくりながらすばやく写真が検索できる。デザインも洗練されており、過剰な情報がなるべくうるさくならないようにまとめられている。本アプリの操作性に慣れてしまうとカメラロール上で写真を探すのが億劫に感じられるほどだ。

 唯一ネックとなるのはインターフェースが英語であることだが、月次カレンダーがベースになっていることもあり、実際に使っていてもほとんど気にならない。iPhoneで撮った大量の写真をカメラロールに保存している人に使ってほしいアプリだ。

  • 特定の日付をタップすると当日撮った写真および動画が縦スクロールで表示される。撮影日および場所も表示される。コメントの追加も可能。またカレンダーに記入された予定も合わせて表示される

  • 日付を指定してジャンプしたり、右上の「Today」から当日に移動することもできる。なお画面の左右スワイプで前月もしくは翌月への移動が可能

  • オプション画面からは、どのカレンダーの予定を表示するか、および写真をどこから読み込むか(デフォルトはカメラロール)を選択できる。個人的には、カレンダーを月曜開始にするオプションがほしい

>>Those Daysのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集