パナソニック、プラズマテレビ事業から撤退か

加納恵 (編集部)2013年10月09日 10時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックが、プラズマテレビ事業から撤退する方針を固めたと、複数のメディアが報じた。

 プラズマテレビは、薄型テレビの主力として登場。パナソニックのほか、日立製作所や富士通ゼネラル、パイオニアなどが販売していた。しかし、液晶テレビの台頭により、販売するメーカーが減少。現在国内のコンシューマー向けでは、パナソニックが唯一のメーカーとなっていた。

 液晶テレビに比べ、画面の明るさや大画面化しやすいことなどが、プラズマテレビのメリットとされていたが、液晶テレビの技術進歩により、それらのメリットは打ち出しづらくなっていた。

 パナソニックでは、2012年3月期に通期純損失7500億円を計上。要因として、テレビ事業の業績悪化が挙げられており、現在構造改革を実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加