ノキア、「HERE」ブランドの自動車向けクラウド統合サービスを発表

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年08月31日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaは、車に乗ったユーザーの行動をもっと制御できるようにしようと奮闘している。

 Nokiaは米国時間8月30日、自動車向けの「HERE」ブランド名で、車内での活動とクラウドの結合を目指す新しい「Connected Driving」サービスを発表した

 9月に開催予定のフランクフルトモーターショーで、「HERE Auto Cloud」などNokiaの新技術のデモが行われる。HERE Auto Cloudは、ドライバーがリアルタイムの最新交通情報や道路閉鎖情報、位置情報に基づくおすすめスポット情報にアクセスできるプラットフォームで、Nokiaによると常時接続されるという。

 HERE Auto Cloudは「HERE Auto」プラットフォーム上で稼働する。HERE Autoプラットフォームには車載ナビゲーション機能なども含まれ、95カ国で利用可能だ。Nokiaによると、ソフトウェア開発キット(SDK)をリリースする計画で、これを利用すれば、Nokiaのサービスと統合可能なアプリケーションを開発できるという。

 Nokiaは、クラウド統合サービスの料金設定やリリース時期を明らかにしていないが、詳細は9月のフランクフルトモーターショーで発表されるはずだ。


提供:Nokia

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加