logo

米地裁、アップルへの是正案を提示--電子書籍の価格操作問題で

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年08月10日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク発--Appleは米国時間8月9日、同社の電子書籍事業の未来を垣間見ることとなった。米裁判所は、Appleによる電子書籍の価格操作問題において、同社に課されるであろう是正策の概要を示した。この是正策では、米政府によるいくつかの提案を緩和するが、判事が述べたように、Appleに深い反省がないことを考慮に入れている。

 ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所における審理でDenise Cote判事は、双方が予防策に関する決定を視野に入れて同判事のもとに戻ってくるならば、「App Store」におけるAppleの革新能力と、同ストアでの電子書籍の価格競争を回復させたいという要求のバランスを取る体制を承認すると提案した。Cote判事はまた、Appleが競争を促進する「強力な」プログラムを社内に設けて、監視は必要ないと裁判所を納得させられれば、同社の活動に目を光らせるための外部監視要員は不要との判断を示した。

 ただしCote判事は、Appleが今後において電子書籍に関する交渉を出版社各社とする際には時期をずらす体系を提案している。これは、各社が共謀できないようにするためだ。その一方で同判事は、Appleと書籍出版社が自らの間違いを認める態度を示していないことを非難した。

 今回とは別の裁判において、Appleの支払う損害賠償の決定は予定されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集