logo

「Google Glass」登場で注目を集めるデジタル眼鏡--進化の歴史を写真で振り返る - 2/17

Dan Farber (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月22日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Steve Mann氏はデジタル眼鏡、そして、同氏が「mediated(間接)」現実と呼ぶものの父と見なされている。トロント大学の電気およびコンピュータエンジニアリング学部の教授で、米国電気電子学会(IEEE)の上級会員でもあるMann氏は、拡張現実分野の新興企業Metaのチーフサイエンティストも務める。

 写真でMann氏がかけているのは、同氏が1999年に開発した「EyeTap Digital Eye Glass」だ。眼球の前に装着されるEyeTapは、視界に入る風景を記録し、それをデジタル画像として重ね合わせる。EyeTapはこの同じ風景を目とカメラの両方に送信するためにビームスプリッターを使用しており、体に装着された小さな入れ物の中のコンピュータとつながっている。

 Steve Mann氏はデジタル眼鏡、そして、同氏が「mediated(間接)」現実と呼ぶものの父と見なされている。トロント大学の電気およびコンピュータエンジニアリング学部の教授で、米国電気電子学会(IEEE)の上級会員でもあるMann氏は、拡張現実分野の新興企業Metaのチーフサイエンティストも務める。

 写真でMann氏がかけているのは、同氏が1999年に開発した「EyeTap Digital Eye Glass」だ。眼球の前に装着されるEyeTapは、視界に入る風景を記録し、それをデジタル画像として重ね合わせる。EyeTapはこの同じ風景を目とカメラの両方に送信するためにビームスプリッターを使用しており、体に装着された小さな入れ物の中のコンピュータとつながっている。

提供: Dan Farber

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]