logo

グーグル、レストランガイド「Zagat」のサイトを刷新--モバイルアプリもリリース

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年07月30日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現実の世界をインデックス化し、すべてのサービスを一体化する取り組みを続けるGoogleは米国時間7月29日、レストランのレビューと評価のサイト「Zagat」を刷新した。GoogleはZagatを2011年9月に買収している。

 Zagatのサイトは一新され、「iOS」と「Android」向けのアプリも公開されたが、最も重要なのは、初めてユーザー登録も料金の支払もなしで利用できるようになったことだ。

 ZagatがGoogleのサービスに完全に統合されたのは2012年5月のことだったが、その時点でもユーザーは「Google+」のアカウントでサインインする必要があった。しかし、ようやくその障壁が取り除かれ、Googleのロケーションベースのレストランガイドとして、ウェブとモバイルデバイスの両方で、競合サービス「Yelp」のような成功と幅広いユーザーの獲得を目指すことになった。Yelpの方は、Appleの地図サービスに統合されている。

 刷新されたZagatは米国の9つの都市をカバーしているが、今後数カ月のうちに都市が追加される計画だ。サンフランシスコやニューヨークなどの都市に住む人は、地元のレストランの評価、レビュー、アンケート調査をすべてチェックできる。また、地元に住むZagatの編集者が作成したビデオ、ブログ、特集リストを見ることも可能だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集