logo

Androidタブレットのアクティベーション数、年内には7000万に--グーグル、予測数を明らかに

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月25日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、米国時間7月24日に開催されたイベントで、「Android」プラットフォームに関する記録的な数字をいくつか公表するとともに、世界のモバイル市場において同社がますます優勢に立っていることを強調した。

 Googleの「Android」、「Chrome」、アプリを統括するシニアバイスプレジデントのSundar Pichai氏は、GoogleはAndroid搭載タブレットのアクティベーション数が2013年末までに7000万台を上回ることを予測していると述べた。これは、2012年末からの大幅な増加であり、Googleはこのとき、タブレットのアクティベーション数を1000万台近くとしていた。また、Pichai氏は「Google Play」ストアの業績についても強調した。

  • Google Playの取り扱いアプリの本数は100万本
  • ダウンロード数は500億件
  • 開発者のユーザー1人あたりの売り上げは、2012年の2.5倍に増加

 Pichai氏は「われわれは、AndroidからChromeに至るまで、ユーザーが生活の中で手にしているあらゆるコンピューティングデバイス向けのソリューションを用意している」と述べた。

AndroidやChromeを担当するGoogleのバイスプレジデントSundar Pichai氏
AndroidやChromeを担当するGoogleのバイスプレジデントSundar Pichai氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集