アップル、位置情報データ企業Locationaryを買収--All Things Digital報道

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月20日 07時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが位置情報データ企業をひそかに買収した。Appleの広報担当者は米国時間7月19日、この事実を認めた。

 AppleはAll Things Digitalに対し、Locationaryの買収について認めた。小規模な新興企業のLocationaryは、複数の情報源のデータを常時統合し、地元企業の一覧を確実に最新の状態にすることに注力している。こうしたデータは、ユーザーに企業の所在地を知らせるのに利用できるが、これには、企業が移転や休業した場合においてその後の経過を追跡することも含まれる。また、Locationaryは、店舗の営業時間や製品、サービスといった、重要で実用的なデータも収集する。

 AppleはLocationaryを買収した理由を具体的に述べなかったが、LocationaryのデータはAppleの「Maps」アプリに役立つことは明らかだ。少なくともLocationaryのデータは、企業一覧の内容を正確な状態に維持することを保証する。これは、「Google Maps」に完全に取って代わるものを構築する上で重要な要素だ。

 All Things Digitalによると、Locationaryの買収の条件は明らかにされていないという。

Locationaryのサービスの仕組み
Locationaryのサービスの仕組み
提供:Locationary

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加