コロプラとKDDI、位置情報データを使って観光動態を分析

藤井涼 (編集部)2013年07月18日 18時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは7月18日、KDDIと共同で位置情報ビッグデータを観光支援や地域振興に活用する観光動態分析の実証実験をすると発表した。対象期間は、7月18日から9月末まで。今回の実証実験では、三重県伊勢市、埼玉県、徳島県の3自治体と協力し、観光客の位置情報ビッグデータをもとに、移動、滞在傾向を分析して活用する。

 実験では、位置情報データの利用などに同意したauスマートフォンユーザーの情報を取得。KDDIは分析に必要な位置情報データのみを抽出し、誰の情報であるかわからない形式に加工した上でコロプラに提供する。コロプラは授受したデータを統計的に分析し、レポート化し協力自治体へ提供する。

 位置情報のビッグデータを活用して、たとえば、観光エリアへの流入経路や利用した交通手段の傾向を分析し、より安心かつ快適に観光を楽しめる交通環境に整備したり、観光エリアの周辺地域を含めた人口動態を分析して、レジャーや宿泊施設を整備したりできるよう検討していく。

 また両社は今回の実証実験の成果を活かして、より多くの自治体や地方公共団体の観光活性化、交通整備、福祉産業分野などに貢献できる仕組みの検討を進めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加