logo

アップル、Sony/ATVと契約--「iRadio」発表に向け最後のハードルをクリア

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年06月08日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間6月10日よりサンフランシスコで開催されるWorldwide Developers Conference(WWDC)で、Appleがインターネットラジオサービスを発表することは現段階でほぼ確実となった。サービスの名称は「iRadio」と予想されているが、どうなるかはまだ分からない。

 Appleが米国時間6月7日朝、契約を交わす必要があった3大音楽レーベルの最後の1社、Sony Music Entertainmentと合意に達したことを、この件に詳しい情報筋が明らかにした。さらにAppleはSony/ATV Music Publishingとも契約を結んだ。この契約は、Billboardが最初に報じたが、Sony/ATVの広報担当者が米CNETに対して認めた。

 Appleの広報担当者はコメントを拒否した。

 Sony/ATVは世界最大の音楽出版社で、ソニーとMichael Jackson氏の遺産管理団体が共同所有している。業界筋によれば、Sony/ATVの会長兼最高経営責任者(CEO)であるMartin Bandier氏は、2012年に断続的に行われた交渉でAppleと対立していたとされる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集