アップル「WWDC 2013」、開幕直前--うわさと期待の製品を最終チェック

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月10日 07時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの第24回年次開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference」(WWDC)が、米国時間6月10日に開幕する。同社がイベントを開催するのは7カ月以上ぶりだ。

 同カンファレンスは1週間を通して開催されるが、ハイライトは10日の基調講演だ。Appleは通常、ここで新たな製品やサービスを発表する。今回Appleは、開発者向けに「iOS」および「OS X」ソフトウェアの新バージョンを提供するとだけ明らかにしている。

 期待はかなり高まっている。なぜなら、Appleが何らかの新しい製品を発表してからかなりの時間が経過しているからだ。Appleが大きな製品発表をしたのは10月の「iPad mini」が最後で、その後の数カ月間は既存製品の改良以外にほとんど何もなかった。一方で同社は、WWDCが近づくなか、期待を自ら鎮めようとしている。「素晴らしい」ものはあるが、その登場は秋から2014年を通してだと述べている。

 ただし、今週のカンファレンスには期待すべきものが少ないということではない。同カンファレンスに向けて特にうわさされている事柄の一部に米CNETの予想を加えてまとめた。

新たなソフトウェア

 Appleは、iOSとOS Xの新バージョンを披露することを既に明らかにしている。ただし、これらのソフトウェアが一般リリース前のテスト用であり、開発者向けとして限定されることは、ほぼ間違いない。過去においては、新ソフトウェアが開発者の手に初めて渡ってから一般リリースされるまで、数カ月という期間を必要としたことがあった。

先頃登場したiOS 7と言われる画像
先頃登場したiOS 7と言われる画像
提供:iDownloadBlog

 参考までに必要とした期間を2012年で見てみると、「OS X Mountain Lion」は、2月に開発者向けプレビュー版として提供され、7月末近くに完成品としてリリースされた。「iOS 6」は、開発者向けプレビュー版が6月のWWDCで提供され、9月下旬に一般リリースされた。Appleはその間、バグの修正や若干の機能追加をしている。

 「iOS 7」は、2012年のWWDCで初披露された「iOS 6」のフォローアップ版と見られている。多くうわさされていることとして、AppleのトップデザイナーであるJony Ive氏の主導による全面的なビジュアル面での見直しがあり、これについては、Appleの最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏が2週間前にインタビューで認めている。感心なことに、新たな特徴や機能に関する詳細が、Appleの発表前にわずかしかリークしていない。それらのうち、主なものは次のようになっている。

  • 新しいインターフェース--4月の9to5Macや10月のThe New York Timesによる報道では、iOSで長らく採用されてきたビジュアル面における特徴の多くを廃止するため、Appleがデザイン変更を進めていることが示唆されていた。9to5Macの報道では特に、iOSアプリケーションの機能と特徴はそのままで、現実世界にある物を模したデザインを一部で廃止し、よりシンプルなデザインをAppleが採択していることが報じられている。新たな外観と思われるリーク画像が先ごろ登場している(画像上)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加