アップル、来週のWWDC開催に向け会場の装飾進める

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月05日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来週開催される開発者向けの大規模なカンファレンスまで、1週間足らずとなった。Appleは、1週間にわたるイベントの会場となる、サンフランシスコのモスコーンセンターの外側の装飾を既に開始している。

 例年通り、Appleの巨大ロゴを3階建てビルの外側に張るほか、屋内ホールの一部を大型のグラフィックで飾る。

 内部では今のところ、驚くような点はそれほど多くないが、さらに装飾が掲げられればそれも変わってくるだろう。過去には、「iCloud」などの製品のアイコンが早くも掲げられたことがある。Appleは通常、時期が重要となるものを黒色で覆い隠し、基調講演の終了後に取り除くことが多い。

提供:Josh Lowensohn/CNET
提供:Josh Lowensohn/CNET
提供:Josh Lowensohn/CNET
提供:Josh Lowensohn/CNET
提供:Josh Lowensohn/CNET
Appleの巨大ロゴは、張られる前はこのような状態になっている。
提供:Josh Lowensohn/CNET
提供:James Martin/CNET
2012年(前回)のWWDCに向けて準備が進むモスコーンセンター。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加