logo

3D印刷による世界初の銃--写真で見る「Liberator」 - 7/16

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月11日 11時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Liberatorの部品は、ほぼ完全に3D印刷されている。非プラスチックの部品は、撃針(一般的な金属製の釘)と6オンス(約170g)の鉄片だけだ。この鉄片は、この拳銃が金属探知機で検知されるようにするためのものである(米国では、金属探知機を作動させない銃器は「検知されない銃器法」という法律で禁じられている。ただしこの法律は2013年末に失効する予定だ)。

 Liberatorの部品は、ほぼ完全に3D印刷されている。非プラスチックの部品は、撃針(一般的な金属製の釘)と6オンス(約170g)の鉄片だけだ。この鉄片は、この拳銃が金属探知機で検知されるようにするためのものである(米国では、金属探知機を作動させない銃器は「検知されない銃器法」という法律で禁じられている。ただしこの法律は2013年末に失効する予定だ)。

提供: Defense Distributed

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]