logo

スマホ+ライフログデバイスに注目--「身につけるデバイス」がもたらす未来

松村太郎 坂本純子 (編集部)2013年05月08日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 fitbit、UP by Jawboneなど、1日中身につけて活動や睡眠などのデータを取得する「ライフログデバイス」は、特にスポーツや生活習慣の計測を目的として非常に注目を集めている。4月20日発売したファッショナブルなリストバンド式のデバイスUPは、発売と同時に売り切れるほどの注目度だ。

Jawbone UP
Jawbone UP

 ソフトバンクモバイルは、5月7日にバンドタイプのfitbitの最新モデル「Fitbit Flex」を国内独占提供すると発表。夏以降に月額490円でソフトバンクユーザー向けのヘルスケアサービスを提供するとしている。

fitbitの最新モデル「Fitbit Flex」はソフトバンクユーザー向けに提供されるという。単体の発売は現在のところ予定はないとしている
fitbitの最新モデル「Fitbit Flex」はソフトバンクユーザー向けに提供されるという。単体の発売は現在のところ予定はないとしている

 これらのデバイスは、米国では特に健康増進をサポートするツールとして注目される。医療費、保険料ともに高騰を続け公的な保険が事実上整備されていない米国において、「いかに病気にならず、医者にかからず、健康に暮らすか」というゴールを目指して利用されている。

 こうしたライフログデバイスが出揃う中で、ライフログを目的とする「ウェアラブルデバイス」全般はどの様に推移していくのだろうか。3つのキーワードにまつわる展望と、データを採取され活用しようとする我々がどのように向き合えば良いのか、考えていこう。

  • Nike+ Fuelband(日本では未発売)

  • 目標値を達成すると、派手なアクションで知らせてくれる

  • fitbit zipとfitbit one

  • 移動した経路を表示してくれる「Moves」

訪れる変化:デバイスの汎用化

 現在、ライフログデバイスは非常に高いデザイン志向が魅力の1つだ。Nike+ Fuelbandはシンプルな外観と派手なLEDの演出が異彩を放っており、アプリケーションのアニメーションの面白さもあって未来のスポーツの姿を存分に楽しむことができる。

 またfitbitは様々なボディタイプを用意して好みに合わせられるようにしつつ、Bluetoothでスマートフォンと同期できる利便性を確保している。また、Jawboneが送り出すUPは同社が得意とするBluetoothの通信を採用せず、より軽く、バッテリ持続時間とデザイン性にこだわった製品に仕上げ、アクセサリにもなり得るデザインを実現している。

 こうした「デバイスを選ぶ楽しみ」は、一概にデザインだけで語ることはできないのが、これらのデバイスがガジェットである理由だろう。例えばNike+ Fuelbandは、fitbitやUPに搭載されている睡眠計測の機能がない。またfitbitよりUPの方がバッテリの持続時間が長く、夜中中身につけていられるのも手軽だ。ウェアラブルデバイスは、デザイン性、性能、利便性が高い次元で融合していなければならない。

 こうしたライフログデバイス間の高い競争状態に、意外なデバイスが参入してくる可能性がある。既に多くの人たちがいつも持ち歩いているデバイス、スマートフォンだ。

 iPhone向けに提供されている「Moves」というアプリは、カバンやポケットにiPhoneを入れてアプリをインストールしておくだけで、fitbitやUPのように歩行距離と歩数を計測してくれるのだ。計測にはGPSと加速度センサを利用しており、ランニングやサイクリング、交通機関での移動も自動的に検出してくれ、移動した経路を地図上に示してくれる。

 睡眠こそ計測されないが、日々の活動量を調べようとすれば、特別なライフログデバイスを必要としているわけではないことに気づかされる。

 今後、センサを活用したアルゴリズムを搭載するアプリや、特にライフログをうたわないGoogle GlassやAppleから期待される腕時計型デバイスなどが、こうしたライフログアプリを搭載すれば、専用デバイスにとっては大きな脅威となり得るだろう。

主なライフログデバイス比較

fitbit zip fitbit one Up by Jawbone Nike+ FuelBand
同期
Bluetooth/付属のアダプタでUSB経由 Bluetooth/付属のアダプタでUSB経由 イヤホンジャック Bluetooth/USB
対応OS
iOS/Androidの一部に近日対応予定 iOS/Androidの一部に近日対応予定 iOS(国内ではAndroid未対応) iOSのみ
ディスプレイ
×
歩数、移動距離、カロリー
階数
× ○(上りのみ) × ×
睡眠(時間、起床階数、睡眠状態)
× ×
食事の管理
×
専用アプリ以外のアプリとの連携
×
防滴対応
バッテリ
4~6カ月(コイン型電池) 5~7日間(充電式) 最長10日(充電式) 4日程度(充電式)
重さ
8g 8g 19g(Sサイズ)、22g(Mサイズ)、23g(Lサイズ) 27g(Sサイズ)、30g(Mサイズ)、32g(Lサイズ)
タイプ
クリップ式 クリップ式 バンド式 バンド式
カラー
5色 2色 4色 3色
販売状況
発売中 発売中 発売中 日本は未発売
メーカーサイト
fitbit zip fitbit one Up by Jawbone Nike+ FuelBand
価格
5480円 9980円 1万3800円 149ドル(Nike Store)

-PR-企画特集