「Google Glass」、下品な言葉は無視?--良くない言葉を認識しない設定の可能性

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月02日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 悪口、罵り、みだらな言葉、4文字語・・・。「Google Glass」はこれらの語をどうやら聞きたくないようだ。

 Googleの拡張現実ヘッドセットであるGoogle Glassは、ユーザーが良くない言葉を発した場合、それらの語を認識しないようだ。Geekwireが伝えている。さらに、このフィルタを無効にする手段は現時点においてはないという。

 ただし、Googleが良くない言葉を規制するのはこれが最初ではない。事実、Geekwireによると、良くない言葉を規制するポリシーは、Googleの音声テキスト変換エンジンを使用する同社の製品およびソフトウェアのほとんどすべてにわたって適用されているという。

Google Glassを着用したGoogle共同創設者Sergey Brin氏
Google Glassを着用したGoogle共同創設者Sergey Brin氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加