アップル、開発者会議「WWDC」開催日を明らかに

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月24日 23時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年におけるAppleの「Worldwide Developers Conference(WWDC)」は、米国時間6月10日から14日に開催される。同カンファレンスは、「Mac OS」や「iOS」向けにどのような作業が進んでいるかを知るための場となっている。

 この5日間にわたるイベントは、サンフランシスコのモスコーンウェストセンターで開催され、Appleの幹部やエンジニアと「iPhone」「iPad」「Mac」向けにアプリやその他技術に取り組む世界中のエンジニアらが一堂に集まる。

 Appleでワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるPhilip Schiller氏は4月24日、「われわれの開発者にとって、これまでで最も多作で有益な年であり、われわれは、革新的な新しいアプリの制作を支援するソフトウェア技術や開発ツールにおける最新の進歩を開発者の皆さんに披露できることを嬉しく思う」と声明で述べた。「新バージョンのiOSとOS XをWWDCで皆さんに手渡すのが待ち遠しい」(Schiller氏)

 2013年の同開発者会議のチケットは、価格が1599ドルで、米国太平洋時間4月25日木曜午前10時より発売が開始される。同チケットは、AppleのWWDCのウェブサイトで販売される。また、同サイトでは、同イベントにおけるプログラムなどの情報も提供される。

提供:Apple
WWDC 2013のロゴ
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加