[ブックレビュー]給料アップを目指すためには--「ずっと『安月給』の人の思考法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アスコム
詳細:単行本(ソフトカバー) / 238ページ / アスコム / 価格:1365円 / 著者:木暮太一 / 発売日:2013/04/18 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.8cm×2.2cm / 重量:0.3 kg
内容:「給料が上がらない」のは理由がある。その理由を読み解き、行動に移さなければ給料アップは実現しない。会社勤めをしている人であれば、一度は感じたことがあるであろう不満を解消するための術をわかりやすくまとめた1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 「なぜ、いつまで経っても給料が上がらないのか」「どうして同じ仕事をしているのに、あの人の方が給料が高いのか」「給料が安いから転職したい」会社勤めをしていれば、一度ならずこういう事を考えるだろう。では「なぜ給料は簡単には上がらないのか」「なぜ年功序列で給料に違いがあるのか」「なぜ今給料が安いのか」について調べて、給料を上げる方法を考え、具体的な行動に移したことはあるか。

 本書では、給料が決まる仕組みについての深い考察と詳しい解説がある。しかしそれで納得して終わりでは意味がない。給料アップを望むなら、安月給のままでいる人の思考法を読み、自分が同じような思考に陥っていないかを分析し、給料を上げるために取るべき対策を取る必要がある。

 自分が安月給だと思っていないとしても、「給与明細をよく見たことがない」「就業規則を読んだことがない」という人は意外なほど多い。これが、いかに自分に対して無責任で、危ないことなのかを知っておくべきだ。いざというときに、自分を守れるのは自分しかいない。給与明細によく分からない項目があったり、就業規則がどうなっているのか知らなかったりするのなら、今すぐ確認しよう。本書を読めばその理由が分かる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加