logo

ノキア、2013年第1四半期の決算を発表--赤字ながらも状況は改善

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年04月20日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィンランドを拠点とするNokiaは現地時間4月18日、2013年第1四半期の決算を発表した。提携しているMicrosoftに対し、軌道に戻るべく引き続き奮闘するという明確なメッセージとなっている。

 第1四半期、スマートフォン「Lumia」シリーズの出荷台数は560万台で、2012年第4四半期の440万台から25%以上増加した。

 またNokiaによると、第1四半期、同社のスマートデバイス全体の出荷台数は610万台だったという。この数字には、Lumiaシリーズのほかに「Asha」シリーズが含まれている。

 Nokiaは今後について、Lumiaシリーズの出荷台数が第2四半期に27%以上増加するとの予測を語った。

 決算の内容を見てみると、2013年第1四半期は58億5000万ユーロ(76億4000万ドル)の売り上げで、1株あたり0.07ユーロ(9セント)の純損失だった。特別損益を除外すると、1株あたり0.02ユーロ(3セント)の損失となる。

 事前の予測では、66億3000万ユーロ(87億3000万ドル)の売り上げで、1株あたり0.04ユーロ(5セント)の損失とされていた。

 それでも前年同期と比較すると、状況は改善しているようだ。2012年の第1四半期は、73億5000万ユーロの売り上げがあったが、営業損失が13億4000万ユーロと大きかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集