ソニー「Xperia S」タブレット、「Android 4.1.1」適用が開始

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月19日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーの「Xperia S」タブレットは米国時間4月18日朝、「Android 4.1.1」(開発コード名「Jelly Bean」)がようやく適用されるようになった。

 ソニーは、同アップデートを自社の製品サーバに米国時間4月18日午前9時から10時の間に公開すると述べていた。「Xperia S」ユーザーには、右下の「Notification Area」に通知が送付され、システムアップデートの提供が開始されたことが知らされる。また、ユーザーは、ソニーのSystem Updateページで説明されている手順に従って最新のAndroidバージョンを手動で確認できる。

 このアップデートは、日本、米国、カナダ、ラテンアメリカで提供される。Android 4.1.1に関するさらなる情報はソニーのRelease Notesで確認できる。

Jelly Beanアップデートが適用のSonyの「Xperia S」
Jelly Beanアップデートが適用のSonyの「Xperia S」
提供:Josh P. Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加