logo

グーグル、「Google Play」アプリを刷新--シンプルなレイアウトやテーマ別のグループ化を採用

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月10日 08時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社マーケットプレイスアプリ「Google Play」を刷新した。レイアウトがシンプルになり、コンテンツが見つけやすくなっている。

 刷新されたGoogle Playアプリは米国時間4月9日、「Android」搭載スマートフォンおよびタブレット向けに提供が開始された。ユーザーインターフェースが新しくなっており、特にその目的は、アルバムの音楽を聴いたり、書籍を読んだり、ゲームをしたりする際のエンターテインメント体験を向上させることにある。新しいインターフェースでは、背景色が薄くなり、画像が大きくなってカード状に並べられており、Googleが「Google Now」予測検索機能で使用するものと同じ表示形式が採用されている。

 また今回の刷新によって、類似のテーマのコンテンツが自動的にグループ化され、関連する雑誌やアプリをユーザーが見つけやすいようになっている。ページをスクロールダウンすると、さらなるレコメンデーションが表示される。

 またGoogleは、チェックアウトプロセスを簡素化し、ユーザーが選択したものをできるだけ早く入手できるようにした。

 今回の刷新は何週間も前からうわさされており、Google Play上のデザイン変更箇所とされる複数の部分を示すスクリーンショットがさまざまなサイトで公開されていた。Google Playマーケットプレイスは当初、「Android App Store」と呼ばれていたが、Googleが映画、電子書籍、音楽を追加した際に、その名称を変更した。

 刷新された同アプリは9日、「Android 2.2」(「Froyo」)以降のAndroidを搭載するスマートフォンおよびタブレット向けに提供が開始された。

スマートフォンおよびタブレット上でのデザインが新しくなったGoogle Play
スマートフォンおよびタブレット上でのデザインが新しくなったGoogle Play
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集