logo

「Windows Blue」に対応する「Office」の開発コード名は「Gemini」--情報筋

Mary Jo Foley (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月28日 08時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Blue」「Windows Server Blue」「Windows Phone Blue」「Windows Services Blue」。このMicrosoftの次世代製品リストに1つ欠けているのは、「Office」の「Blue」版だ。それは存在するのだろうか。

 確かに存在する。ただし、開発コード名はBlueではない。「Gemini」だ。

 筆者の情報筋によると、Geminiとは、今後2年間のうちにリリースされる一連のOfficeのことである。最初のOfficeはWindows Blueと足並みをそろえるもので、「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」がアップデートされ、リリースは2013年秋と筆者は聞いている。

 この最初のOfficeに含まれるアプリケーションは、完全に「Metro」スタイルでWindows StoreバージョンのWord、Excel、PowerPointと、既にMetroバージョンになっているOneNoteの2回目のアップデート版になるのだろうか。100%の確信はないが、そうなると筆者は考えている。

 Gemini戦略における2つめのリリースの中心となるのは、「Office 365」のようなサブスクリプションモデルだ。こちらも些細な変化ではない。これは、Office部門にとっても、Microsoft全社としても、大きな変化である。「Office 365」や「SkyDrive」のようなサービスを前提として最初から設計されたアプリケーションを構築するのは、Officeチームにとって大きな方向転換である。そしてその取り組みは既に進行している。

 Geminiの最終結果として期待されるのは、Officeチームが、サービスとアプリケーションの両方を定期的に、かつ、これまでよりも頻繁にリリースするというスケジュールを軌道に乗せることだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集