logo

シャープ、鴻海からの出資行われず--ほかの資金調達も検討

加納恵 (編集部)2013年03月26日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、3月26日が払込期限となっていた、台湾鴻海精密工業からの出資が行われなかったと発表した。関係当局の許認可が得られなかったためとしている。

 シャープと鴻海精密工業は、2012年3月27日に資本業務提携を発表。鴻海精密工業を中心とするグループ企業4社を割当先とした第三者割当増資を実施することを発表していた。発表当時の増資額は669億695万円。

 シャープでは、この増資により調達する資金を使って、モバイル機器関連の液晶製造設備の増強、合理化と液晶ディスプレイの新規技術導入に係わる設備などの構築を予定。しかし払込が行われなかったため、投資の規模と時期などを一部見直すとしており、今後は他の資金調達も視野に入れつつ引き続き実施していくとのことだ。

 今回の払込期間の終了については、資本業務提携に影響を及ぼすものではないとしており、業務提携の主となっている堺ディスプレイプロダクト(SDP)の共同運営については一定の成果を上げているとしている。

 シャープは、3月6日に韓国サムスン電子との資本提携を発表し、103億8316万円の資金を調達。しかし2012年12月に資本提携を締結したクアルコムからの出資については、第2次払込期日が延長されたことを発表している。

-PR-企画特集