logo

グーグル、「『Chrome』と『Android』は統合せず」--E・シュミット会長発言

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月22日 09時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい報道によると、「Android」と「Chrome」は互いに独立した状態を維持するとGoogleの会長であるEric Schmidt氏が述べたという。

 Schmidt氏は現地時間3月21日、インドにおいて報道陣らに対し、同社のモバイルOS統括者に変更はあったが、 AndroidとChromeを統合する予定はないと述べたと、現地で取材していたReutersが報じた。ただし、両OSの重複部分は増える可能性があるとSchmidt氏は述べた。

 AndroidとChromeの件に加えて、同氏がGoogleを離れることを検討しているといううわさについてもSchmidt氏に質問が投げかけられた。Schmidt氏は、同社を離れることはないとはっきりと否定し、うわさは「まったくの誤り」だとした。

 「Googleは私のホームグラウンドだ」と同氏は報道陣らに述べた。

 GoogleのChromeを統括するエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるSundar Pichai氏が、Andy Rubin氏に代わって同社のモバイルOSを統括することが先週発表されたことから、AndroidとChromeが統合される可能性がささやかれ始めた。Pichai氏は引き続き、Chromeも統括する予定である。

 Googleの最高経営責任者(CEO)を務めるLarry Page氏は、この交代を発表した際、いずれかのOSに変更が加えられるかどうかについては触れなかった。

提供:Seth Rosenblatt/CNET
Sundar Pichai氏。Andy Rubin氏の後任としてAndroidを統括。
提供:Seth Rosenblatt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集