logo

フォトレポート:ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宇宙 - 2/11

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 南の空に見える、いて座の「ESO 456-67」として知られる惑星状星雲。基本的に、これは死を迎えようとしている星から外に押し出されたちりとガスの殻の画像だ。中心に見えるのは、元の星の残骸である。これらのさまざまな形状はどのように説明すればいいのだろうか。科学者たちはその質問に対する答えをまだ見つけていない。
Scroll Right Scroll Left

 南の空に見える、いて座の「ESO 456-67」として知られる惑星状星雲。基本的に、これは死を迎えようとしている星から外に押し出されたちりとガスの殻の画像だ。中心に見えるのは、元の星の残骸である。これらのさまざまな形状はどのように説明すればいいのだろうか。科学者たちはその質問に対する答えをまだ見つけていない。

提供: ESA/Hubble and NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]