logo

フォトレポート:ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宇宙

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 かに星雲と天文学者が名付けた超新星残骸は、巨大な星の爆発で現在残っている唯一の痕跡である。この超新星は1054年に出現したことを中国と日本の地上の観察者が記録に留めている。
Scroll Right Scroll Left

 かに星雲と天文学者が名付けた超新星残骸は、巨大な星の爆発で現在残っている唯一の痕跡である。この超新星は1054年に出現したことを中国と日本の地上の観察者が記録に留めている。

提供: ESA, J. Hester and A. Loll (Arizona State University),NASA

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]