logo

写真で見る「Surface RT」の魅力--独自カバーでPCに変身

藤井涼 (編集部)2013年03月15日 18時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本マイクロソフトは3月15日、10.6インチのタブレット端末「Surface RT」を発売した。一部の量販店や同社のオンラインショップ「Microsoft Store」で購入できる。価格は、32Gバイトモデルが4万9800円、64Gバイトモデルが5万7800円。

 Surface RTは、Windows 8の簡易版である「Windows RT」を採用したタブレット。タブレットでの操作に最適化された「Office 2013 RT」を搭載しており、WordやExcel、PowerPoint、OneNoteなどを利用できる。また、クアッドコアCPU「Tegra3」と、2Gバイトのメモリを搭載した。バッテリ稼働時間は最大8時間。

 ここでは、発売されたばかりのSurface RTの端末デザインや独自のキーボード、搭載機能などを写真で紹介する。

 日本マイクロソフトは3月15日、10.6インチのタブレット端末「Surface RT」を発売した。一部の量販店や同社のオンラインショップ「Microsoft Store」で購入できる。価格は、32Gバイトモデルが4万9800円、64Gバイトモデルが5万7800円。

 Surface RTは、Windows 8の簡易版である「Windows RT」を採用したタブレット。タブレットでの操作に最適化された「Office 2013 RT」を搭載しており、WordやExcel、PowerPoint、OneNoteなどを利用できる。また、クアッドコアCPU「Tegra3」と、2Gバイトのメモリを搭載した。バッテリ稼働時間は最大8時間。

 ここでは、発売されたばかりのSurface RTの端末デザインや独自のキーボード、搭載機能などを写真で紹介する。

-PR-企画特集