グーグル、地図およびコマース部門を分割へ

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年03月15日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが地図およびコマース部門を2つの事業に分割すると、The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間3月14日に情報筋の話として報じた。

 WSJによると、地図およびコマース事業を率いてきたJeff Huber氏は職務を退き、Google X部門に移るという。Google X事業はGoogleの共同創設者であるSergey Brin氏が統括しており、自律走行車や「Google Glass」などのプロジェクトに取り組んでいる。


Jeff Huber氏
提供:Jeff Huber on LinkedIn

 Googleは米CNETの取材に対し、Huber氏の異動を認めた。

 Googleは声明で次のように述べている。「Jeffは並外れた幹部だ。彼はGoogleでの最初の10年を終えたところであり、これまで広告やアプリ、決済、地図など当社の事業の中でも特に複雑な問題に取り組んできた。そして、今後はもっと新興企業のような環境で働きたいと考えている」

 WSJによると、地図事業はAlan Eustace氏の率いる検索チームに統合され、コマース事業はSusan Wojcicki氏の率いる広告グループに組み込まれるという。

 地図およびコマース事業を分割するという今回の動きは、13日、Andy Rubin氏が「Android」事業を離れる ことをGoogleの最高経営責任者(CEO)が発表したのとほぼ同時に社内で明らかにされた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加