グーグル、「Google Now」の追加を「Chrome」と「Chrome OS」で開始

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月13日 09時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Chrome」および「Chrome OS」に「Google Now」を追加するために構築中の骨組みに肉付けする作業を開始した。

 「Chromium」の最新ビルドの「about:flags」パネルには、Google Nowシステムを有効にするオプションがある。「残念ながら、Google NowのサーバURLがまだ公開されていないため、まだこれを試用することはできない」と、今回の変更を発見したChromeウォッチャーのFrancois Beaufort氏はコメントしている

 このインフラストラクチャは、ChromeとChrome OSに組み込み中の新しいリッチな通知システムに符合している。これは、開発者らによるHTML形式のポップアップの使用を可能にするメカニズムである。これがあれば、地図や天気アイコンなどのグラフィックスを表示することの多いGoogle Now通知に便利である。

 米CNETの読者であるMichael Ortiz氏は、Chromeの「Canary」ビルドにおいて新しい通知システムに気が付いた。Canaryビルドは、Googleサーバによって一部テストされているが、その成熟度はChromeの開発者向けバージョンのレベルにも達していない。

 「Chrome Canaryビルドの最新アップデートをつい最近手に入れたが、Chrome OSのような通知センターがタスクバーに存在する。これで、過去と現在の両方のすべての通知を、見落とした場合にそこで確認できるようになった」と同氏は電子メールで述べた。

 Google Nowの統合が追加されたChromiumパッチによると、同機能はこれまでのところ、「Windows」とChrome OSのみで動作するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加