logo

5Gバイトまで無料で使える「Googleドライブ」アプリレビュー--交通費の記録にも便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleドライブは、Googleが提供するストレージサービスだ。文書、動画、写真などのあらゆるファイルをGoogle Drive上に保存して、Windows、Mac、iPhone、iPad、Android端末などから見られる。5Gバイトまでは無料で利用可能だ。Google Driveでは、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成できるが、現在のバージョンのiPhoneアプリの場合、ドキュメントとスプレッドシートのみ、iPhone上から新規作成できる。

  • Googleドライブにアクセスすると表示される画面。保存してあるファイルやフォルダを見るには「マイドライブ」を選択

 Googleドライブは、基本的には、インターネットに接続できる状態で利用するが、オフラインでも参照したいファイルは、各ファイルの詳細画面で「オフラインで使用」(実際には、メニュー名が途中で切れてしまっていて読めないが)を「オン」にしておく必要がある。ファイルは、名前やメールアドレス、グループを指定して共有できる。該当するファイルにアクセスできるユーザーは、詳細画面にはっきりと表示されているので分かりやすい。詳細画面では、ファイル名の変更、移動、削除を行うことができる。

 ドキュメントの編集機能は、フォント(英語フォントのみ)の変更、太字、斜体(日本語には適用されない)、下線など、ごく簡単なものしか用意されていないが、基本的なテキストエディターとして利用できる。スプレッドシートの場合は、四則演算や関数などが利用できるほか、セルの罫線、セル内の文字位置の変更などが可能だ。関数の入力をアシストする機能はないが、「=SUM(A1:A8)」のように入力すれば、セルA1~A5までのセル内の数値の合計を計算できるので便利だ。その他の関数については、Googleドライブのヘルプをウェブブラウザで検索して参照しよう。

 写真は、アルバムからアップロードできるほか、その場でカメラを起動して撮影することも可能だ。PDFファイルや写真などのファイルの場合、Google Drive内から他のアプリで開くことができる。Google Driveアプリでできることはまだ少ないが、スプレッドシートの編集ができるようになって、利用価値は大いに上がった。筆者の場合、交通費などの経費の計算をGoogleドライブのスプレッドシートで行っているため、外出先でも記録ができるようになってありがたい。今後のアップデートによる機能向上に期待したい。

  • ドキュメント、スプレッドシート、フォルダの新規作成が可能

  • Googleドライブにアクセスすると表示される画面。保存してあるファイルやフォルダを見るには「マイドライブ」を選択

  • マイドライブ内のファイル一覧。ファイルの詳細を見るには、タイトルの右端にあるアイコンをタップする

  • ドキュメントの編集画面。フォントの種類、サイズ、色、背景色などを変更できる

  • スプレッドシートでセルに関数を入力中。returnをタップすれば、計算結果がセルに表示される

  • オフラインで見られるように設定したドキュメントはオフラインフォルダ内で確認。忘れずに、オンラインの時にオフラインの設定をしておこう

>>Googleドライブのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集