logo

楽天が「Rポイントカード」を発行--リアル店舗で「スーパーポイント」を付与

岩本有平 (編集部)2013年03月05日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は3月5日、2013年春を目途に、共通ポイントカード「Rポイントカード」を発行し、リアル店舗での楽天スーパーポイントの利用を試験的に開始すると発表した。

 楽天グループでは、すでに電子マネー「楽天Edy」やクレジットカードの「楽天カード」を通じて、リアル店舗での決済時に、利用金額に応じた「楽天スーパーポイント」を付与・充当するサービスを提供してきた。

 今回新たにRポイントカードを発行することで、より多くのリアル店舗で楽天スーパーポイントを活用できるポイントプログラムを提供する。

 ポイントプログラム加盟企業の店頭のPOSや端末を介して、楽天会員が楽天スーパーポイントを貯められたり、ポイントによる支払いをしたりすることが可能になる。ポイントは、ネット上で提供している楽天スーパーポイントと自動的に合算されるため、楽天では会員にとって貯めやすく使いやすいため、送客に効果的だとしている。

 また、楽天グループの各種メディアでの告知により、露出や送客効果が大きいほか、自社やほかのポイントプログラムとの併用が可能。さらに既存の磁気カード、バーコードなどを利用するため、POSレジを利用している場合は、新たなハードウェア投資は基本的に不要だという。さらに、業界最安価な事務手数料水準をうたっている。

 リアル店舗とネットのポイント共通化という点では、ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブの動きが先行している。両社は2012年6月に提携を発表し、今春にもリアル店舗とネットのポイントをポイントサービス「Tポイント」に統合するとを発表している。

-PR-企画特集