logo

グーグル、流行の新興メガネブランドに「Google Glass」のデザインを委託か

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年02月22日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Googleは流行の先端を行く新興メガネ通販企業に、ネットワークにつながるメガネ「Google Glass」のフレームのデザインに協力するよう求めたという。

 2人の情報筋が匿名で、Googleはデザインの外部委託を検討しているとThe New York Timesに語った。

 The New York Timesによると、Googleはメガネのオンライン通販を手がけるWarby Parkerに対し、Google Glassのフレームの開発への協力を求めているという。Warby Parkerのフレームは、ビートジェネレーションを代表する作家Jack Karouac氏に触発されたものらしく、ニューヨーク市長のMichael Bloomberg氏やニュースキャスターのKatie Couric氏が愛用している。

 興味深いことに、Warby Parkerが一躍有名になったのは企業の社会的責任(CSR)という微妙な分野であり、「Do Good(良いことをしよう)」という同社のモットーは、Googleの「Don't be evil(邪悪になるな)」に酷似している。Warby Parkerは年次報告で、「Do Good」を社会的起業家精神の促進やジュニアスポーツクラブの後援、カーボンニュートラルなメガネの製造と定義している。

 Warby Parkerは、流行の先端を行きながらも手頃な価格のメガネを製造し、処方箋なしで購入できるメガネを95ドルから販売している。1500ドルもするGoogle Glassとはまったく対照的だ。

 デザインに関する提携が報じられる中で、Googleは「Google Glass Explorer Edition」を手に入れる機会を米国民に提供するコンテストを開催した。コンテストで入賞しても、これまで開発者にしか提供されていないGoogle Glass Explorer Editionを手に入れるには1500ドルと税金を支払う必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集