logo

iPhone充電OK、デュアルSIM!スマホ時代のバッテリケータイ--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4500mAhのデカバッテリ!中身はスカスカ

  • スッカスカな本体の中身

 まぁおそらくただのケータイを作っても誰も見向きもしてくれないってことでこんなデザインにしたのだろうが、もっと外部バッテリらしいすっきりしたものにしたほうが売れるように思うのだけどねぇ。このあたり「これはケータイなんだからね、決してバッテリじゃないんだからね!」というメーカーの心残りが見え隠れしているようにも思えてしまう。ま、K8688の本当の実力はその中身なので、見た目を突っ込むのはこの程度にしておこう。

 まずはバッテリカバーをはずしてみようとK8688の本体を持ってみると、恐ろしく軽いことに気づかされる。ここまで軽量なケータイはもしかしたら他にはないかも、ってくらい軽い。そしてカバーをはずしてみると、中身はすっからかん!巨大な空間がそこには広がっているではないか!ケータイとしての機能はうすっぺらい本体の前面側にしかないんだろうが、ここまで大胆な設計は潔さも感じられる。

  • バッテリはかなり信用できそうだ

 一方パッケージの中からバッテリを取り出してみると、こちらはかなり重厚感あるブツが出てきた。しかもズシリと重いのだ。こりゃ表記どおり4500mAhの容量はありそうだ。しかもブラックの地にゴールドの印刷もなんだか強さを感じられる。バッテリはよく見ると別のメーカーが作っており、おそらくバッテリ専門メーカーの手によるものなのだろう。このバッテリはトンデモではなくきちんと使い物になりそうだ。

 ちなみに重量を測ってみたところ、本体は約74g。持った感じの通りやはりかなり軽い。これに大してバッテリのほうは約90gで、なんと本体よりもバッテリのほうが重いのだ。主従逆転というか、こんな重量バランスのケータイはおそらく他にはないのではないだろうか?ま、本体はバッテリのオマケと考えればこれで全然問題なしなんだけどね。

 では4500mAhのバッテリを本体にはめてみよう。本体の空間にこのバッテリはもちろんだがぴったりとはまる。これでバッテリケータイの出来上がりといわけだ。しかもこの状態を見てみると、背面上部部分のデザインと合わせて急にカッコイイというか強さを感じる雰囲気に様変わりする。なるほどバッテリをいれると英雄っぽいデザインになるということなのか。

  • 本体はわずか74グラム

  • バッテリのほうが90グラムと重いとは!

  • バッテリをはめるとなんだかカッコイイ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]