リコー、最大350台のiPadが同時接続できるペーパーレス会議システム

坂本純子 (編集部)2013年02月18日 16時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは、最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システム「RICOH Conference Center」を2月19日に発売する。価格は、サーバシステムと10クライアントのライセンス付きで30万円。

 RICOH Conference Centerは、iPadを活用して資料の共有や閲覧ページの同期、ページ内への書き込みなどペーパーレスでの会議をスムーズに行える無料アプリ「RICOH Smart Presenter」をもとに業務仕様にバージョンアップしたものだ。RICOH Smart Presenterは、10万を超えるダウンロード実績があるという。iPad 2と第3世代、第4世代のiPadに対応する。

 会議資料は、ブラウザからRICOH Conference Center専用サーバにアップロードすると、PDFファイルに自動変換される。会議参加者は手持ちのiPadで資料を同サーバからダウンロードできる。

 また、ネットワーク対応のリコー製プロジェクタにワイヤレスで投影することもでき、発表者が説明する資料画面を見ながら、手元のiPadにメモをとれる。なお、これまで同様、RICOH Smart Presenterのみを利用したサーバレスによる少人数の会議にも対応するという。

 iPad に配信された資料データは会議終了後に消去でき、機密情報のセキュリティを確保できるほか、資料の回収や破棄作業の手間も削減できるのも特長のひとつだ。社内打合せや役員会議、セミナーや研修会など幅広い用途に利用できる。

RICOH Conference Center
RICOH Conference Center
  • このエントリーをはてなブックマークに追加